建物の再生と保全を考える 佐藤秀リフォーム
資料請求はこちら
リフォーム事例集
HOME 佐藤秀リフォームの特長 住まいのリフォーム マンションのリフレッシュ ビルのリニューアル 施工事例集 お問合せ・ご相談
HOME > マンションのリフレッシュ > チェックポイント
マンションのリフレッシュ
トップページ
どうして必要?
そのタイミングは?
居住者への負担は?
チェックポイント
施行事例集
マンションの大規模修繕
当社施工の建物をご所有のお客さまへ
神社仏閣の改修をご検討のお客さまへ
資料請求・お問合せ
チェックポイント
ひとつの建物を維持するには、
チェック項目はこんなにあることご存知でしたか?
屋外設備、内部仕上げ、外装、設備 大規模長期修繕計画、各種リフレッシュ工事の実行には、調査・診断をふまえて、総合的な技術力のもとに、計画を立案し、予算化の上、実施へと進めていくことが大切です。
佐藤秀はゼネコンならではの総合力を駆使し、”生きもの”としての建物の維持・保全・機能向上を責任をもって遂行いたします。
建築 躯体
構造: コンクリート、鉄筋・鉄骨、
  耐震性、劣化、ひび割れ
強度、中性化
仕上げ
外装: 塗装、石、タイル、打放し、
防水、シーリング、金属類
内装: セメント材、ボード材、木材、
金属材、クロス、塗装…
設備
電気: 容量、電灯、照明、動力、
  アンテナ、TEL、インターネット
防災: セキュリティ、非常警報、感知器
給排水: 給水、排水、給湯、受水槽、
ポンプ類
空調: 冷暖房システム、換気システム
消火: 消火栓、スプリンクラー、消火器

マンションの経年劣化事例
マンションの価値を維持するには、経年による劣化をいち早く発見して、建物全体であらゆる角度から計画的に修繕することが大切です。また現在の生活環境に求められる新しい施設設備を付加し、機能面のグレードアップを図ることも大切です。
[外壁]鉄部腐食によるコンクリート壁の爆裂 [外壁]壁面のクラック(ひび割れ)
[外壁]鉄部腐食によるコンクリート壁の爆裂 [外壁]壁面のクラック(ひび割れ)
[外壁]配水管の腐食 [外壁]鉄板部腐食による割れ、めくれ
[外壁]配管カバーの腐食 [外壁]鉄板部腐食による割れ、めくれ
[外壁]壁面の汚れ [外壁]排煙設備まわりの腐食と劣化
[外壁]壁面の汚れ [外壁]排煙設備まわりの腐食と劣化
[屋上]雨水排水管の腐食 [屋上]かさぎ部分塗装剥げ落ちとカビ
[屋上]雨水排水管の腐食 [屋上]かさぎ部分塗装剥げ落ちとカビ
[屋上]防水ひび割れ [屋上]排気塔鉄部腐食によるコンクリート爆裂
[屋上]防水ひび割れ [屋上]排気塔鉄部腐食によるコンクリート爆裂
[鉄骨階段]鉄部腐食 [ベランダ]避難口扉の塗装剥げ落ち
[鉄骨階段]鉄部腐食 [ベランダ]避難口扉の塗装剥げ落ち
[廊下]壁破損 [廊下]長尺ビニールシートはがれ
[廊下]壁破損 [廊下]長尺ビニールシートはがれ
[廊下]天井の塗装材のひび割れ、はが [廊下]サッシュまわり外壁ひび割れ
[廊下]天井の塗装材のひび割れ、はがれ [廊下]サッシュまわり外壁ひび割れ
Point
コンクリートの建物は、長期的に十分な耐久性があります。建築後数年経ったほとんどのビルやマンションでは、収縮などによる何らかのひび割れが発生することがありますが、極端に異状だとか危険だとか神経質になる必要はありません。 ただ、コンクリートは新築の時点では高いアルカリ性を保っていますが、年月を経るに従って空気中の炭酸ガスなどの影響で、アルカリ分が少しずつ失われていきます。そうなると、中に組み込まれている鉄筋がサビやすくなり、ひび割れからの水の侵入でサビることで膨張して周辺のコンクリートを外へ押し出し、コンクリートの欠損(爆裂)などを起こす場合があります。 その割れが原因となって漏水を起こしたり、コンクリート片の落下事故に結びつくおそれがあります。特に鉄筋が割れ目から露出している場合は要注意です。危険性を感じるようであれば、早めに専門家の調査・診断を受けてみてはいかがでしょうか。

参考資料/社団法人高層住宅管理業協会編
「わかりやすいマンション診断の手引き」



前へページトップへ戻る次へ
Copyright(C) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved. 株式会社 佐藤秀
佐藤秀コーポレートサイトへ移動