建物の再生と保全を考える 佐藤秀リフォーム
資料請求はこちら
リフォーム事例集
HOME 佐藤秀リフォームの特長 住まいのリフォーム マンションのリフレッシュ ビルのリニューアル 施工事例集 お問い合せ・ご相談
HOME > マンションのリフレッシュ > どうしてリフレッシュが必要?
マンションのリフレッシュ
トップページ
どうして必要?
そのタイミングは?
居住者への負担は?
チェックポイント
施行事例集
マンションの大規模修繕
当社施工の建物をご所有のお客さまへ
神社仏閣の改修をご検討のお客さまへ
資料請求・お問合せ
どうしてリフレッシュが必要?
マンションの建物を維持していくために、なぜリフレッシュ工事が必要とされるのでしょうか。その意義をあげるならば、
  1. 現状機能を損なわず、建物を修繕することで耐久性を高め、維持保全する。
  2. 新築時の外観に蘇らせて、美観の向上と資産価値の維持をはかる。
  3. 外壁等の剥落、落下から入居者や第三者の安全確保をはかる。

といったことにあります。
マンションにおける大規模修繕工事は、建物の維持と延命には欠かせない重要な位置づけとなっています。しかも、ほぼ10年〜15年毎にやってくるこの工事は、言わばマンション全体の健康と、お住まいになる皆様の財産の維持に供するもので、佐藤秀としては一箇所一箇所を入念に施工しなければならないと考えます。

外壁改修工事の様子
※写真は外壁改修工事の様子です

賃貸マンションの場合には、その必要性がより顕著です。外壁のひび割れや天井の漏水、各種設備機器の不具合をそのまま放置しておくと、居住者の安全で快適なマンション生活を侵害するばかりか、空室率の増大につながり、ひいては大切な財産である賃貸物件の資産価値そのものの低下を引き起こしかねません。

改修工事範囲の概要
マンションの調査・診断の結果、どういった点をリフレッシュする必要があるのか、丁寧にご説明いたします。それに基づいて、お見積を算定いたします。
下記の項目例のように、建物を調査・分析し、工事を行うべき範囲をご提案(診断)させていただきます。

(1) 下地補修(浮き、剥落、欠損(爆裂含む)、補強ピン打ち、
ひび割れ補修)、
建物の外壁、開放(外)廊下の外壁、揚裏(天井)、塔屋の外壁。
(2) シーリングエ事
サッシ(建具)廻り、外壁伸縮目地・打継ぎ目地、雨樋支持金物、
ドレン廻り(必要に応じて実施)、
手摺り根元、その他。
外壁のシーリング
外壁のシーリング
(3) 外壁塗装・仕上げ塗装工事(下地処理含む)
外壁塗装、開放(外)廊下の手摺り壁・揚裏(天井)、内階段室、
その他仕上げ塗材塗装。
(4) 塗装工事(下地処理含む)
玄関扉の枠、面格子、露出配管(塩ビ管を含む)
メーターBOX扉と枠、鉄骨階段、高架水槽架台、その他共用鉄部。
(5) タイル工事
タイルの洗浄及び補修工事(浮き、剥離、剥落、目地まわり)。
(6) 防水工事
屋上(塔屋等含む)、
バルコニー、
開放廊下の排水溝、笠木、
その他指定する場所。
屋上防水工事
屋上防水工事
(7) その他工事
上記区分に該当しない部分の工事。
耐震構造補強工事について
耐震構造補強工事経年変化による部材の劣化や、今日ほど重要視されなかった耐震基準の概念から、震災時に倒壊等の危険性を孕んでいる建物は少なくありません。そのような既存建築の耐震補強は重要課題といえます。
佐藤秀では、耐震診断と構造設計に基づき、柱・梁補強、耐震壁増設、そで壁付加、免震装置、ブレ一ス増設などさまざまな耐震補強工法から最適の工法を選択して、ご提案いたします。


前へページトップへ戻る次へ
Copyright(C) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved. 株式会社 佐藤秀
佐藤秀コーポレートサイトへ移動