建物の再生と保全を考える 佐藤秀リフォーム
資料請求はこちら
リフォーム事例集
HOME 佐藤秀リフォームの特長 住まいのリフォーム マンションのリフレッシュ ビルのリニューアル 施工事例集 お問合せ・ご相談
HOME > 快適空間創出のヒント集 > 小部屋を開放し大胆に回遊できる空間の演出を
快適空間創出のヒント集
ヒント集トップ
開放的なダイニングキッチンを家族団欒の空間に
ハウスダストを断ち、健康重視のリフォームを
風を感じさせない空調で、爽やかな健康生活を
ひと工夫した浴室環境で、爽快なバスライフを
家の歴史を残しながらも住みやすく改築を
小部屋を開放し大胆に回遊できる空間の演出を
納得してから実施できる、時間の余裕をもった計画を
小部屋を開放し大胆に回遊できる空間の演出を
小部屋を開放感のある広い空間に改築
このマンションは、建築後16年、50平米です。和室二間とダイニングキッチンのごく一般的な作りになっていました。ご主人の改築の要望は、区切られた閉鎖的な小部屋を開放感のある使い方をしたいというものでした。改築の主なコンセプトは、
 ●室内は広い空間を保つこと
 ●目的によって別の部屋を構成できること
 ●素材感のある意匠を含めること、
などでした。

和室のリフォーム

計画の実施にあたっては、既存の間仕切りを残して改築できないため、間仕切りと内装材をすべて解体撤去しました。写真で見られるように室内コンクリートの梁は大きく露出していて、ひと工夫を要します。そこで考えられたのが、視点が散らないように各部屋の中間となる和室コーナーへ大きめの杉のムクの柱を据えることにしました。ムクの柱や造作材は、年を重ねると自然に出てくる艶があり、木目も美しく、それだけで愛着がわくものです。
和室は襖で仕切られ、襖は一方に引き込むと広く開放されますが、和室に入ると床の間や 障子を取り込むことによって落ち着いた雰囲気に浸ることができるのです。
全体の床は、天井高を確保するために、わずかな段差をつけるだけにしましたが、角柱の効果もあって、和室の区別はできました。

食卓はセミコンソールタイプで90度回転し、半分だけがカウンターとして残るものを採用し、普段は室内を広く利用できるようにしました。明かりも十分に採り入れられ、爽やかな環境が整いました。

開放感が感じられるダイニングルームのリフォーム
Copyright(C) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved. 株式会社 佐藤秀
佐藤秀コーポレートサイトへ移動