建物の再生と保全を考える 佐藤秀リフォーム
資料請求はこちら
リフォーム事例集
HOME 佐藤秀リフォームの特長 住まいのリフォーム マンションのリフレッシュ ビルのリニューアル 施工事例集 お問合せ・ご相談
HOME > 快適空間創出のヒント集 > ハウスダストを断ち、健康重視のリフォームを
快適空間創出のヒント集
ヒント集トップ
開放的なダイニングキッチンを家族団欒の空間に
ハウスダストを断ち、健康重視のリフォームを
風を感じさせない空調で、爽やかな健康生活を
ひと工夫した浴室環境で、爽快なバスライフを
家の歴史を残しながらも住みやすく改築を
小部屋を開放し大胆に回遊できる空間の演出を
納得してから実施できる、時間の余裕をもった計画を
ハウスダストや有害物質の少ない環境づくりのためのリフォーム
ハウスダストや有害物質の少ない環境づくりのためのリフォーム
ハウスダスト、それはつまり家のありがたくない“ほこり”のことです。たとえばカーテンは、日焼け、そしてほこりで5年をめどに取り替えるのが理想とされています。つまり、ことほどさようにほこりは出るものなのです。
近年清潔な環境作りが特に注目されています。住む人の体質や近隣の外的環境により、さまざまな害を受けます。そのなかで、家庭内公害が原因のひとつともいわれるアレルギー性疾患は、ハウスダストや最近では建材の有害物質からも影響を受けるようです。
この寝室は、そういったアレルギー源を断つためにリフォームされたものです。ハウスダストの付きやすいカーテンやカーペットをやめて、ブラインドつき二重サッシ(二枚のガラスの間にブラインドを挟んで密閉してあるのでほこりが付着しない)やフローリングを使用しています。
また、周りのものは極力収納壁に納めてしまい、ほこりの出ない清潔な空間を構成しています。もちろん一般的なリフォームでも収納は大きな問題であり、とりわけ狭い日本の家屋では重要なポイントとなります。
建材については、有害物質が出ないものを選ぶのは当たり前のことです。
家族の健康を考えるならば、ハウスダストや有害物質の少ない環境づくりのためのリフォームは、最優先すべきポイントであるといえます。
Copyright(C) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved. 株式会社 佐藤秀
佐藤秀コーポレートサイトへ移動